研究者が常に最適の技術で円滑に研究できるように。

上口 裕之

上口 裕之, M.D., Ph.D.

研究基盤開発部門(RRD) 部門長
hiroyuki.kamiguchi [at] riken.jp

研究内容

脳科学研究を実施するにあたり、研究技術と研究材料は極めて重要です。研究基盤開発部門(RRD)は、脳神経科学研究センター(CBS)における研究技術の牽引ならびに支援組織として活動しています。RRDは多くの共同研究施設と機器を有し、これらを整備、維持、管理しています。また、RRD技術者がCBS研究室に様々な技術支援を行っています。RRDの支援業務の拡大、施設と機器などの整備は、研究者からの要望に応じて行われますが、RRDが先行して行うこともあります。RRDはCBS内の組織でありますので、CBSスタッフが優先的に利用しますが、施設、機器、支援業務とも余裕があるものについてはCBS外の理研スタッフも利用できます。

研究主分野

研究関連分野

キーワード

研究基盤開発部門(RRD)