理研CBSについて

理化学研究所 脳神経科学研究センター(理研CBS)は、「心」の基盤としての「脳」を研究する日本の中核拠点。自然科学に残された最後のフロンティアである脳を理解するべく細胞から個体、社会システムを含む多階層での基礎研究を進め、その成果を社会へ還元します。

われわれ人間を特徴づける脳機能 生命の普遍性を手掛かりに ビッグデータの蓄積から活用へ 世界が立ち向かう課題への挑戦
  • われわれ人間を特徴づける脳機能
    ヒト脳高次認知機能解明をめざした研究 人間の脳と心の理解を通じて、ものごとや他人の考えを予測する推察、自分自身を見つめる内省、人との関係を築く社会性など、人間が高度に発達させてきた高次認知機能の解明をめざします。
  • 生命の普遍性を手掛かりに
    動物モデルに基づいた階層横断的な研究 分子から個体にわたる脳のネットワークを解明することで、脳が機能する原理や脳と身体との関係の理解をめざします。
  • ビッグデータの蓄積から活用へ
    理論・技術が先導するデータ駆動型脳研究 脳の働きをあらゆる面からリアルタイムに計測できる革新的な技術によって蓄積するビッグデータをもとに、より汎用性が高く効率の良いAI開発などへ貢献する新しい理論を提唱します。
  • 疾患の克服と生活の向上に貢献
    精神・神経疾患の診断・治療法開発
    および日常生活向上のための研究開発 精神・神経疾患などの社会が直面している課題の解決に挑戦し、また社会全体の発展や生活の向上につながるイノベーションへの種を蒔きます。

CBSセンター長代行メッセージ

  • 上口 裕之
  • 自然科学におけるフロンティアである脳科学は、私たちの記憶や情動から意思決定やメタ認知にいたる「脳」と「心」の仕組みを解き明かし、脳神経系が関わる疾患の克服ならびに人工知能に象徴される情報技術への貢献を目指す、異分野融合型の学問です。このような「脳」と「心」の理解と現代社会が抱える諸問題の解決に向けた期待を背負い、2018年4月に脳神経科学研究センター(CBS)が発足しました。宮下保司初代センター長のリーダーシップのもと、国際的に優れた研究者を研究室主宰者として迎え、臨床医学や情報工学との橋渡しをになう連携部門を設立し、若手研究者の育成プログラムを構築するなど大きな発展を遂げました。

    CBSは2020年度以降も設立当初の精神を継承し、理研中長期計画に掲げた4本の柱「ヒト脳高次認知機能解明をめざした研究」「動物モデルに基づいた階層横断的な研究」「理論・技術が先導するデータ駆動型脳研究」「精神・神経疾患の診断・治療法開発および日常生活向上のための研究開発」を主軸として、脳科学の未踏領域へ深く踏み込んでいきます。また、国内外の研究機関・大学・大学共同利用機関と手を携え、産業界との連携を育み、国家プロジェクトである「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト(革新脳)」の中核拠点として、脳科学における産・学・官ネットワークのハブとしての役割を果たしていきます。今後も、研究成果の社会への還元を重視し、社会が直面する課題の解決を通し、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを展開してまいりますので、CBSの研究活動へのより一層のご期待を賜りますようお願い申し上げます。

    理化学研究所
     脳神経科学研究センター

    センター長代行 上口 裕之