理研CBSについて理研CBSについて

理研CBSについて

理化学研究所 脳神経科学研究センター(理研CBS)は、「心」の基盤としての「脳」を研究する日本の中核拠点。自然科学に残された最後のフロンティアである脳を理解するべく細胞から個体、社会システムを含む多階層での基礎研究を進め、その成果を社会へ還元します。

われわれ人間を特徴づける脳機能 生命の普遍性を手掛かりに ビッグデータの蓄積から活用へ 世界が立ち向かう課題への挑戦
  • われわれ人間を特徴づける脳機能
    ヒト脳高次認知機能解明をめざした研究 人間の脳と心の理解を通じて、ものごとや他人の考えを予測する推察、自分自身を見つめる内省、人との関係を築く社会性など、人間が高度に発達させてきた高次認知機能の解明をめざします。
  • 生命の普遍性を手掛かりに
    動物モデルに基づいた階層横断的な研究 分子から個体にわたる脳のネットワークを解明することで、脳が機能する原理や脳と身体との関係の理解をめざします。
  • ビッグデータの蓄積から活用へ
    理論・技術が先導するデータ駆動型脳研究 脳の働きをあらゆる面からリアルタイムに計測できる革新的な技術によって蓄積するビッグデータをもとに、より汎用性が高く効率の良いAI開発などへ貢献する新しい理論を提唱します。
  • 世界が立ち向かう課題への挑戦
    精神・神経疾患の診断・治療法開発
    および日常生活向上のための研究開発 精神・神経疾患などの社会が直面している課題の解決に挑戦し、また社会全体の発展や生活の向上につながるイノベーションへの種を蒔きます。

CBSセンター長メッセージ

  • 宮下 保司宮下 保司
  • 汝自身を知れ

    汝自身を知れーギリシャのアポロン神殿に刻まれた格言はまさに脳科学が挑む中心命題です。近年、脳研究は自然科学に残された最後のフロンティアである「脳」と「心」を体系的に理解すべく、一つひとつ「心」を構成するサブシステムの扉をたたき続けてきました。その結果、記憶や情動、思考などの脳機能が脳内の膨大な数の細胞や分子から生まれてくるしくみが解明されつつあります。

    今、脳科学への社会からの期待はさらに高く、理化学研究所 脳神経科学研究センター(RIKEN CBS)は、前身である脳科学総合研究センターが20年間にわたって積み上げてきた成果を糧に、人間の精神が脳内の複雑かつ美しい階層構造を経てどのように立ち上がるのか、その全体像の解明をめざし、ヒトが自らを自然科学的方法によって知るための総合研究センターとして再出発いたします。

    「人は生まれながらにして社会的動物である」と古代ギリシャの賢人は喝破しました。脳科学は一方でヒトの精神における社会性の起源を研究するとともに、同時に研究が進むべき道の選択においては、より一層社会の声に耳を傾け、他分野・異分野との融合や国際的連携・協同活動に開かれていなければなりません。そして研究成果を社会に還元し、精神・神経疾患の克服をはじめとして現代社会が直面する高齢化・人口減少などの課題に対応する持続可能な社会の実現に向けて共に歩み続けなければなりません。

    古代ギリシャ以来2000年の謎に、近代自然科学500年の知識体系と方法論で挑む研究集団がCBSです。国際的脳研究機関として、世界レベルの研究成果を足場とし、国内外の各研究組織と手を携え、脳科学からの社会貢献をミッションとする、RIKEN CBSにご期待ください。

    宮下 保司

    理化学研究所
     脳神経科学研究センター

    センター長 宮下 保司