Louis Kang

Louis Kang, M.D., Ph.D.

神経回路計算研究ユニット ユニットリーダー
louis.kang [at] riken.jp

研究内容

当研究ユニットでは、脳内の神経回路で実行される計算がどのように神経現象と認知機能を生み出すのかを研究しています。特に海馬領域と、その記憶・空間認識・神経疾患における役割に関心を持っており、数学的分析・ネットワークシミュレーション・機械学習などの幅広い理論的手法を用いて研究を展開していきます。

研究主分野

総合理工

研究関連分野

情報学 / 複合領域 / 数物系科学 / 総合生物 / 医歯薬学 / 基盤・社会脳科学 / 計算科学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

キーワード

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  1. * Kang, L. and DeWeese, M. R.:
    "Replay as wavefronts and theta sequences as bump oscillations in a grid cell attractor network"
    eLife 8, e46351 (2019).
    10.7554/eLife.46351
  2. * Kang, L. and Balasubramanian, V.:
    "A geometric attractor mechanism for self-organization of entorhinal grid modules"
    eLife 8, e46687 (2019).
    10.7554/eLife.46687

メンバーリスト

主宰者

KANG Louis
ユニットリーダー