採用情報

2022年12月26日

国立研究開発法人理化学研究所
脳神経科学研究センター
理研CBS-トヨタ連携センター 個体間脳ダイナミクス連携ユニット
研究員または特別研究員募集(W22243)

募集研究室

脳神経科学研究センター 理研CBS-トヨタ連携センター 個体間脳ダイナミクス連携ユニット (ユニットリーダー:小池耕彦)
(2023年4月1日新規設置予定)

研究分野

複合領域、その他

キーワード

社会神経科学,fMRI,Well-being,脳機能イメージング,社会性

研究室の概要

理研CBS-トヨタ連携センターは、理化学研究所 脳神経科学研究センター(CBS)、トヨタ自動車株式会社、株式会社豊田中央研究所、および株式会社コンポン研究所が2007年に設立した連携センターです。お互いの利益のみならず、社会に共に貢献するとの立場に立ち、「こころ・知能・機械系における脳科学と技術の統合」に向けて、イノベーティブな成果の創出を図ることを目的としています。

個体間脳ダイナミクス連携ユニットは、CBS-トヨタ連携センターの第5期(3年間)が2023年4月に開始するのに合わせて立ち上がる新規ユニットです。個人のwell-beingが社会との相互作用でどのように形成されるか、社会のwell-beingが個人によってどのように形成されるか、さらには個人と社会のwell-beingのように相互作用するかを、ヒトが相互作用する場面の神経基盤を複数人の脳活動を同時に記録する「ハイパースキャニングfMRI」を中心とした脳機能イメージング研究を用いて解明することを目指します。

募集職種、募集人数及び職務内容

応募職員・人数

研究員 もしくは 特別研究員 若干名

研究員
(裁量労働制)チーム等の研究課題を実施する。
特別研究員
(裁量労働制)上位職者の育成指導を受けて、チーム等の研究業務を実施する。
原則、博士号取得後5年以内の者を特別研究員、5年を越える者を研究員として採用します。

職務内容

  1. ハイパースキャニングfMRIもしくは個人を対象としたfMRIを用いた、個人/社会のwell-beingに関連する実験研究。
  2. 脳活動の個体間ダイナミクスを解析する手法の開発。
  3. 複数の施設を接続したネットワーク型ハイパースキャニングfMRI研究環境の開発。

応募資格

神経科学、認知科学、実験心理学、もしくはそれに関連する分野によって博士号を取得した方、もしくは採用日までに博士号取得見込みの方。ハイパースキャニングfMRI/EEG/fNIRSなどを利用した経験は、必ずしも必要ありません。


勤務地

事業所名及び住所

理化学研究所 和光地区 (〒351-0198埼玉県和光市広沢2-1)

待遇

  1. 単年度契約の任期制職員で、評価により採用日からFY2025(2026/3/31)迄を上限として再契約可能。
  2. ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。

原則として2ヶ月の試用期間有り。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、固定給と変動給により構成されます。変動給額は経験、能力、実績に応じて毎年度決定されます。固定給月額は2023年4月1日時点で、特別研究員の場合は295,100円、研究員の場合は350,300円となりますが、固定給ならびに変動給は、所内規程の改正によって変更となる場合があります。

裁量労働手当、通勤手当、住居手当の支給有り。社会保険の適用有り。
(採用時の年俸月額の目安について)
裁量労働手当を含めた採用時の月額給与は特別研究員は335,000円以上、研究員は397,000円以上になります。(経験、能力、実績に応じ変動給加算あり) 

理研共済会(互助組織)に要入会。
専門業務型裁量労働制適用で、1日7時間30分就業したものとみなされます。
休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日-1月3日)、当研究所設立記念日。
休暇は、年次有給休暇(採用月に応じて最大年20日)、特別有給休暇(看護、介護など)、ワークライフバランス休暇(採用月に応じて最大年7日)など。
その他、産前産後休業、育児休業、介護休業制度等あり。
理化学研究所では、新型コロナウイルス感染拡大防止措置のため、時限的・特例的な対応として、在宅勤務を導入しています。研究所の指示により在宅勤務とすることがあり得ます。また、所属長の許可のもと、在宅勤務を選択することが可能です。
喫煙場所以外では敷地内禁煙。(2024年4月より敷地内全面禁煙となります)
その他、当研究所規程による。

理化学研究所は、男女共同参画及びダイバーシティ推進に積極的に取り組み、多様性豊かで活気ある研究環境の整備を進めています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。

日本学生支援機構奨学金(2003年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り。

和光地区内には、託児施設「りけんキッズわこう」を設置しています。詳細については、和光事業所研究支援部人事課(厚生担当)kids [at] riken.jpまでお問い合わせください。 

応募方法及び締切日

提出書類

※提出書類についてはすべて英語で作成をお願いします。

  1. 履歴書(写真貼付、E-mailアドレスを明記して下さい)(157KB)
    (理研書式の場合)*履歴書右上の「公募番号」欄には、公募タイトルに記載されているW22243を記載してください。
    (任意書式の場合)*公募タイトルに記載されている公募番号(W22243)を履歴書の備考欄等に明記してください。
  2. 業績リスト(書式任意)
  3. 競争的資金の取得状況
  4. これまでの研究概要
  5. 志望理由書(自己PR、抱負等、個人と社会のwell-beingに関する簡単な研究計画)
  6. 現職の所属長を含む推薦書1通
    (推薦者の連絡先(名前、所属、職名、電話番号、メールアドレス)をご記載ください)
    (現職の所属長から推薦書をもらうのが困難な場合は、第3者による推薦書)
    ※推薦書に押印は不要ですが、押印を省略する場合は必ず推薦者の方の連絡先(名前、所属、職名、電話番号、メールアドレス)を記載してください。また、推薦者ご本人から提出いただくことを推奨します。)
  7. EU一般データ保護規則(GDPR)に基づく個人情報の取扱に関する同意書
    ※欧州経済領域(EEA)に居住されている方のみ、上記の同意書をご提出ください。
    EU一般データ保護規則(GDPR)の詳細は、下記をご参照ください。
    European Commission(英語サイト)

応募方法

推薦書以外の提出書類をZipファイルにまとめ、下記リンク先へアップロードしてください。
脳神経科学研究センター 理研CBS-トヨタ連携センター 個体間脳ダイナミクス連携ユニット 研究員/特別研究員 応募書類
https://riken-share.ent.box.com/f/dd33910a29e7466abe93f15152ea58e0

  • Zipファイルの名前には、連絡先メールアドレスを必ず含めてください。
  • アップロード完了後、アップロードしたファイル名を cbs-ocd-search2[at]ml.riken.jp まで、必ずお知らせください。

推薦書は、推薦者より直接ご提出いただきます。
ファイル名を「脳神経科学研究センター 理研CBS-トヨタ連携センター 個体間脳ダイナミクス連携ユニット 研究員/特別研究員 公募(応募者氏名)の推薦書」とした上で、本文に応募者氏名と推薦者氏名・連絡先を明記の上、下記リンク先へアップロードしてください。
https://riken-share.ent.box.com/f/dd33910a29e7466abe93f15152ea58e0
アップロード完了後、アップロードしたファイル名を cbs-ocd-search2[at]ml.riken.jpまで、必ずお知らせください。

7日以内に受領確認のメール返信がない場合は、応募書類が届いていない可能性がありますので、cbs-ocd-search2[at]ml.riken.jpまでご連絡ください。

[at]は@に置き換えてください。

応募書類は返却できませんので予めご了承ください。

締切日

候補者決定次第、締め切り

個人情報の取扱について
提出していただいた書類は、理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査後、選考通過者のみ面接を実施します。

着任時期

2023年4月1日以降(応相談)

問い合わせ先

脳神経科学研究センター 理研CBS-トヨタ連携センター 個体間脳ダイナミクス連携ユニット
Email: cbs-ocd-search2[at]ml.riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。
お問い合わせはメールでお願い致します。